競馬場の予想屋、コーチ屋、拾い屋

TOP
競馬 予想屋,コーチ屋,拾い屋

昔の競馬場

競馬には色々な裏の仕事が存在した。
多くの仕事は今ではもうほとんど無くなってしまったが、地方競馬に残っている予想屋というのもその一つだ。
この予想屋という存在は今でも需要があり、今となっては名物にもなっている。
1レースの予想が200円、1日のレースの予想は1000円程でやっていて面白い話が聞けるので興味がある人は利用してみると良いだろう。

コーチ屋

過去には予想屋を発展させた様なコーチ屋というものがあった。
これは客に対して予想を行うというもので、当たったらその取り分をもらうというものだ。
ポイントは、予想を複数の人に対して行うわけだが、予想の内容は別々にしているという点にある。
複数の人に対して別の予想をする事で誰かが的中し、的中した人から取り分をもらうという仕組みだ。
ただこのコーチ屋は取締によって今では見る事はないであろう仕事だ。

拾い屋

拾い屋というのは競馬場で馬券を拾う人の事だ。
捨てられている馬券を拾って、その中から当たり馬券を探すというもので、実はこれが意外に結構当たり馬券が紛れていたというから驚きだ。
小さい配当の馬券から、時には万馬券もあったらしく、それこそ親子で生業にしていた人もいたようだ。
これもまた、競馬場をキレイにするという方針の元、捨てられた馬券等も含めて清掃する人が入った事で見かける事も少なくなったものだ。

両替屋

両替屋という人もいて、的中した馬券を換金していた人もいた。
これは金額に対して何%という風に料金を取るわけだが、以前の競馬場は馬券を買うのも換金するのも人の手であった。
その為に馬券を買うのも換金するのも非常に時間がかかる。
その為に少しでも早く換金したい人は利用するというわけだ。
これも馬券の販売も換金も全て自動となってしまい需要が無くなった事で今では見る事はないだろう。

競馬場

今ではクリーンになった競馬であるが、過去には色々な人間が交錯する場所でもあった。
それが良いのか悪いのかは別として、競馬場は色んな人が集まり、一喜一憂、喜怒哀楽を生み出してきた場所である。
色々と便利になるのも良いと思うが、走るのは生身の競走馬であり、乗るのは人間である。
昔の面白さ、競馬本来の面白さだけは無くさないでほしい。

まだまだあった過去の競馬事件

競馬情報を探る