競馬業界における八百長とは何なのか?

TOP
競馬,八百長

八百長の定義

色々と調査しているが、細かく言ってしまえば競馬は八百長だと言えるという事だ。
何をして八百長だと言うのかにもよるわけだが、全てにおいて真剣勝負をするという前提であれば、八百長であり、手を抜くという観点から見ても八百長だと言えるだろう。

例えば、トライアルレースを使わなくても良い馬にとっては全力で走らせる必要はないという場合もある。
ただし、それは本命のレースで勝ちたいが為の作戦の一つでもあり、トライアルレースに出走してくる馬との力関係をハッキリさせておきたい、もしくは同じコースであれば一度走らせて相性を確認しておきたい、コースの形状に対しての馬の適正を見ておきたいといった思惑から起こるものだ。
これは全力でレースを走るという事を前提として考えた場合には八百長かも知れないが、本当に八百長と言えるのだろうか?
俺の考えでは『No』だ。
そんなのは誰でも考える事だし、それこそ一発勝負なんてされれば予想も出来なくなるだろう。
オッズもあってない様なものとなり、競馬の面白みが無くなってしまう。
その駆け引きがあってこその競馬だろう。

馬主が出走枠を埋める為に持ち馬を1頭出走させて賞金順で出走が微妙な有力馬を賞金順位で出走出来なくさせてしまう。
こういった事も細かく言えば八百長だと感じてしまうが、どうなのだろうか。
賞金順だというルールを守っていて、自分の馬が出せたから出しただけの話である。
ただ、ファンの気持ちとしてはより強い馬のレースが観たいだろうし、その気持を裏切っているだけであってルールは守っているわけだ。
ファンの期待を裏切る事=八百長ではない。
それまでに賞金を稼げなかった事で悔しい思いはするだろうが、それは競馬では日常茶飯事であり、馬主ともなればそれくらいは理解しているものだ。
そんな事まで八百長だと言っていてはキリがない。

八百長というのは『明らかな不正行為』である。

そして、明らかではないからこそ様々な憶測が飛び交い、競馬で負けている人間ほど、「競馬は八百長だ」と主張するものだ。
インサイダー情報だとか色々言われているが、そんな情報があって稼げているのであれば多くの有力な牧場が閉鎖に追い込まれたりはしていない。
実際に競馬で勝っているのは大金を注ぎ込む事が出来る金持ちと、馬を本当に見極める事が出来る一部の人間だ。
ヒシミラクルやトーホウジャッカルで話題になったが、大金を注ぎ込んだからこそ配当が大きい、そういう事だ。

状態の良し悪しでの事前の情報というのは確かにある。
しかしその情報は時には変化する。
結局はパドックで判断しているのが馬を見る目のある人間であり、だからこそ穴馬を当てて稼げている。
結局は馬を見る目のない人間が、なぜ自分が勝てると信じた馬が勝てなかったのか考えた時に、八百長だと思い込もうとしているわけだ。

八百長だと言われている事と、本当の八百長はまた別次元の話。
そして過去に出来レースは存在した事が、八百長の存在を信じさせる要因の一つになり、何でも八百長だと言わせているのだろう。

その他の様々な競馬事件

競馬情報を探る