競馬の八百長をギャンブルの本質から見る

TOP
競馬 八百長,ギャンブル,本質

ギャンブルの本質

競馬には八百長の疑惑はつきものでもある。
厳密に言えば、ギャンブルでは大概そうなのではないだろうか。
パチンコでは遠隔操作、麻雀で積み込み等のイカサマ、デンスケでの仕込みやサクラ等、ギャンブルと不正行為というものは切っても切り離せない関係でもあるわけだ。
何故そうなるのか、それは金が賭かっているからに他ならない。
誰もがギャンブルで勝ちたいと思い、不正を働き、負けた者は更なる不正で仕返しをするか、公正を訴えるものである。

競馬での不正

競馬の歴史の中には不正行為、もしくは不正行為と感じるものがあった過去が存在する。
「ヤリ」「ヤラズ」という、要はガチで騎乗するか、それとも勝ちにいかない騎乗をするかといった事や、「引っ張る」「かます」といった言葉もある。
「引っ張る」というのは手綱を引っ張るという事で、手綱を引っ張って馬を走らせない事、いわゆる負けるという行為を差す。
「かます」は禁止薬物や規制薬物をかますという事で、これは八百長ではなく明らかな不正行為となる。
他にも色々とあるが、こうして表立って言われれている以上、また違う言葉が使われたりするものであり、単にそういうものがあるというだけの話である事は頭に入れておくべきだろう。

八百長の線引き

競馬では八百長が良く囁かれているし、時には騎手はハナ差まで着順を操作出来るとまで言う人間もいる。
もしそこまで操作出来る騎乗技術があるのであれば、その人は世界に通用する騎手になるのではないだろうか。
それだけの技術があり接戦を演じる事が可能なのであれば、操作によって生まれたスターホースで溢れかえっており、もっと盛り上がりを見せているだろう。
ただ、競馬の歴史に八百長で逮捕された人間がいる事は確かであり、それを疑う事は間違ってはいない。
そういう目で見るからこそ、不正はより暴かれやすくなり、抑制効果が生まれるからだ。
よく同じ馬主の競走馬が出走した際に1頭を勝たせるレースをしたという話があるが、それは2頭を出走させるだけの結果を出し、その上での駆け引きをしただけである。
それが馬をぶつけるといったルールを破る行為であれば問題であるが、ペースメーカーといった役割であればそれは単純に戦略である。
出馬表を見ればそんな事は事前に分かる事であるにも関わらず、結果的にその戦略が当たったからといって騒ぎ立てるのはナンセンスだろう。
戦略通りにいかない事も多いし、その一回に食ってかかる必要はない。

追うか追わないか

競馬で八百長を語る時に追う追わないは良く言われるが、果たして追うというのはどういう事なのだろうか。
競走馬はムチを打たれれば全力で走る様に訓練されている。
だからムチを使う事で競走馬は全力を出して走ろうとする。
そしてその先に、馬を押したり引いたりするという技術がある。
騎手の動作では一見、追う時には押している様に見えるが、競走馬の推進力は身体を縮める動作と伸ばす動作によって生まれている。
この動作によって、伸縮の幅を広げる事によって推進力をより高めスピードをもっと上げる事が出来る。
ムチを打って伸びているうちは余裕があり、速度は上がっていくが、その限界が来た時にムチでは無く、競走馬の動きに合わせて首の押し引きを行いゴール前のもうひと伸びを生み出すのである。
最後に首が伸びたタイミングでゴール出来る様にするわけだが、そのタイミングがずれれば引いた動作でのゴールとなってしまう。
これは八百長ではなく騎手のミスであり、ムチを使わなくなったから追うのを止めたというわけではないと言える。
例えて言うなら走り幅跳びの跳躍前の歩幅の感覚をミスするのと似たようなものであり、そういったミスはプロであれば当然無い様に努めるべきである。
もちろん全ての騎手の騎乗が全力を尽くしているとは決して言いきれないのが競馬である。
また、八百長を考えるというのもまた面白みの一つでもある。

まだまだあった過去の競馬事件

競馬情報を探る