競馬で馬主が生み出す人災、成功と悲劇

TOP
競馬 馬主,悲劇,人災

サラブレッドの馬主

競馬とは人が作りだしたものである。
馬と人、この2つの生き物が織り成す競技ではあるが、その競走馬も自然に生まれたものではなく、人の手によって生み出されたものでもある。
サラブレッドは全て血統を管理され、その中でしか生きられない様にされた「経済生物」だ。
しかし、そんなサラブレッドだからこそ、その勝ち負けに、進退に多くの人が何かを感じてしまう。

競馬界の革命

競馬では時に大きな革新的な事が起こる。
それは大種牡馬となる馬の持ち込みや、管理体制等、それまでの状況を一変する力を持ったものだ。
そして、一人の男が調教方針に大きな改革をもたらした。
谷水信夫氏は事業で大成功を収め、そして競馬界で馬主となり、そして牧場を持った。
馬主になって馬を買っても勝てない、だったら生産者になって自分で馬を鍛えて走らせればいい、そう考えたわけだ。
そしてそれは、馬を鍛え抜くスパルタ教育という形となって表れた。
当時は馬に無理をさせる、馬を壊すという事で反発や反論も多く、それこそ違う畑で成功を収めた人であり、馬については素人だという見方も多かった。
それでも自分を押し通す性格であり、信念を貫き通す人であった事もあり徹底したスパルタ教育を施したという。
そしてそれはついに形となって表れ、タニノハローモアが日本ダービーを勝つのである。
それでも周りの評価は覆らずに、タニノムーティエがクラシックに出走する時も評価はそれほど高くならなかった。
しかし、タニノムーティエは皐月賞、ダービーと勝つのである。

馬主の信念

ここまでくれば、後は菊花賞をとって3冠となる。
そこで通常であれば放牧して北海道で過ごさせるか、それとも厩舎で過ごさせるかという事になるわけだが、ここで自分で作った牧場へ放牧させるという馬主の決断が入る。
アメリカでは自分の牧場で放牧させるというものを取り入れた格好ではあるが、それには猛反発にあってします。
それも当然で、その放牧地は、屋根も何もない、ただ山を切り開いただけの場所であった。
そこで天候にかかわらず、雨が降っても雨に身体をうたれながら馬は過ごすのである。
おそらく、自分がスパルタ教育によって鍛え上げた馬だからこそ、その常識は覆るという算段もあったのでないだろうか。
しかし、タニノムーティエは喘鳴症、俗に言うノド鳴りという競走能力を阻害する病気にかかってしまう事になる。
競馬に「たられば」はないと言うが、もし普通に放牧されていたらという気持ちにならずにはいられない事である。
最善を尽くしての結果と、防げたであろう結果では、後者はどうしてもスッキリしないものだ。

馬を見る目

このタニノムーティエは、競走馬として理想のサラブレッドであったという声も多くある。
その身体は横から見れば細く感じ良くは見えなかったらしい。
しかし前から見ると立派な肩幅であり、細いのは無駄を削ぎ落としきった絞られた馬体からそう見えるものであったという。
タニノムーティエの素質は当時の牧場の中で谷水信夫氏だけが気になり、素質を感じていたと言われる。
このスパルタ教育にしても、成功と失敗の両側面を持つ事例ではあるが、谷水信夫氏の馬を見る目は確かだったのであろうし、その情熱は評価されるべきである。
成功と失敗、それは競馬で繰り返されてきた歴史であり、その結晶が今の現代競馬なのである。

まだまだあった過去の競馬事件

競馬情報を探る