競馬事件…八百長はあるのか?【衝撃の事実】

競馬 事件,八百長,事実

競馬における事件

競馬業界にも様々な事件がある。
禁止薬物に関する事、八百長問題に関する事、そして動物愛護的な見解からみたモラル的な運動、そして暴力事件だ。
人間と馬という2つの生物に重きが置かれているからこそ起こってしまい、ギャンブルとスポーツという相反するものが共存するからこそ起こってしまう事件、競馬だからこそ起こってしまうものも多くある。
俺はそんな競馬の裏事情を探るべく身体を張って活動を続けている。
競馬というものはギャンブルという金がかかるものであるがゆえに多くの憶測も飛び交い、悪い噂もある。
そして何が嘘で何が真実なのかわからなくなっている。
そんな競馬における事件の数々をここで紐解いていきたいと俺は思っている。

八百長

まず、誰もが気になるのは「八百長」「出来レース」の存在だろう。
もしそんなレースがあるのであれば一攫千金も夢ではないだろうな。
だが、現代の競馬においては、『ない』と断言出来る。
では昔はあったのか?と聞かれれば答えは『Yes』だ。
その昔、どういう時に「出来レース」が仕組まれたのか?それは選挙前に多く存在した。
選挙の為の資金繰りの為に仕組まれた「出来レース」が存在したのだ。
だが今はもうそういう「仕込み」が出来ない状況となってしまった為、現代の競馬では「八百長はない」と断言しよう。

では全てが健全に、公正に行われているのかという答えについては『No』である。
なぜなら、全ては『金』に関する事だからだ。

馬主というものは、競走馬を保有しているだけで多くの資金が必要になる。
育てた競走馬が勝たなければ『大赤字』なのだ。
その為に馬主は出来る限り、思いつく限りの事はするだろう。
だがしかし、全てが思い通りにはいかない。
相手となるのも馬主、全ての折り合いがつくわけが無い。状況は似たり寄ったりだからな。
だから「完全な仕込み」というのは存在しない。

では騎手はどうだろうか。
騎手に関してはかなりの高確率で『Yes』だ。
競馬は何が起こるかわからないものだが、逆に言えば、何も起こさなければ何も起こらない、そういう事だ。
騎乗回数の少ない騎手ならば、レースに勝ちにいく機会は必然的に多くなるだろう。
だが、騎乗回数の多い騎手にとっては「勝てる時に確実に勝ちたい」という気持ちも出てくるだろう。
期待が大きい時にこそ結果を出したいと思うのは人間の性だ。
だったら「勝ち星の貸し借り」というのも出てくるだろう。
いわゆる「譲る」という行為だ。
だがこれもまた、全ての騎手間で折り合いがつくわけが無い事であり、分かりやすく言えば勝てる確率が「18分の1から17分の1になる」そういう事だ。
大穴として見られている様な競走馬に騎乗する時は「何も起こさない騎乗をする」
そういう形での「仕込み」というものも存在しているという事だ。
この場合、競馬としての結果にそれ程影響は出ないし、だからこそ厳しく管理されている中でも成立しているとも言えよう。
騎手もまた一人の人間であり、結果を残す事、成績というものにこだわってしまうからこそであろう。
だが、そんな人間の考えなんて競走馬は知った事ではない。
馬という生き物は本能を持った生き物だ。
多くの群れで一番偉いのは牝馬が多い事は知っているか?
レースの時に本能で牝馬よりも前を走らない、そんな時だってあるだろうし、オッズというのはそういう要素も実は含まれている。
生きた馬が人間の思い通りに必ず走る事なんてない事は見てわかる通りで、だから「競馬は何が起こるかわからない」のだ。

まだまだあった過去の競馬事件

競馬情報を探る



お問い合わせ